くら寿司で今、注目のスーパーフードが食べられる!

7/27より回転寿司チェーンのくら寿司で今、注目のスーパーフードが登場しています。

くら寿司の公式ツイッターでも紹介されています。

くら寿司のスーパーフードメニュー

くら寿司のスーパーフードメニューは、

100g当たりの食物繊維がバナナの6本分のキヌアを使用した

  • キヌアサラダ ビントロ手巻き
  • キヌアサラダ えび手巻き
  • キヌアブロッコリー サラダチキン

スーパーフードの定番アサイーを使った

  • アサイームースのグラノーラパフェ

大さじ一杯で1日分のオメガ3脂肪酸を摂取できるチアシードを使用した

  • 【飲むお酢】カシスチアシード などです。

インスタグラムでも高評価!

View this post on Instagram

#チアシード #美味しい

ゆうあやママさん(@yuuayamama2)がシェアした投稿 –

スーパーフードについては本サイトのトップページ「スーパーフードとは」をご覧下さい。

https://www.sapuriraifu.com/

H30.9/7追記:新たな商品が3種類追加されました。

  • キヌアサラダ サーモン手巻き
  • キヌアサラダ チキン手巻き
  • キヌアブロッコリー サラダえびマヨ

いずれも一皿100円(税別)です。

無添くら寿司とは

創業昭和52年5月、資本金20億532万円、東京証券取引所市場一部上場企業、国内外で回転寿司チェーン等429店舗(2017年10月現在)を展開している株式会社くらコーポレーションの「無添くら寿司」は、使用する食材に四大添加物(うま味調味料、人工甘味料、合成着色料、人工保存料)を一切使用しない「無添」に取り組んでいます。

そのような食の安全・安心を意識した「無添くら寿司」は寿司の100円均一価格を値上げせず維持するための方策として、らーめん・丼物・デザートなど、付加価値を取れる寿司以外のサイドメニューの充実を図っています。

今回のスーパーフードの提供もその一環と考えられます。スーパーフードを食べたくてもどこで提供しているかわからない方や、そのようなお店は若者や女性ばかりと入店に抵抗感があった方、試しにちょっとだけ食べてみたい方などにはお手軽に食することができるのではないでしょうか。スーパーフードがより身近になってきましたね。

「無添くら寿司」の言う四大添加物の安全性は?

「無添くら寿司」の言う四大添加物とは、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、人工保存料です。


これらの食品添加物は適正使用においては安全で健康障害を心配する必要のない食品添加物です。

日本では、加工、保存、味つけに使う調味料、保存料、着色料などをまとめて食品添加物と呼んでいます。そしてその安全性と有効性を科学的に評価して厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できるように決められています。

現代社会において食品添加物の使用がない食生活は考えらえません。食品添加物の安全は量で決まると言われています。塩と同じで量が少なければ何の悪影響もない、しかし過ぎれば何でも毒になるということです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク