体の柱を作るカルシウムとマグネシウム

カルシウムとは

カルシウムは骨や歯などをつくっている非常に認知度の高い栄養素です。体重の1~2%の重さで体内に存在していて99%は骨と歯に含まれています。残りの1%は、血液などの体液や細胞中にイオンとして、またたんぱく質と結合した状態で存在しています。

カルシウムの働き

血液や細胞中に含まれている全体の1%のカルシウムが出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動など、生命の維持や活動に重要な役割をしています。血液中や細胞中には常に同じだけのカルシウムが必要なので血液中のカルシウムが不足すると、骨に蓄えられているカルシウムが溶け出し、それを補います。しかしこのような状態が続くと骨からカルシウムが抜け出てスカスカになり、骨粗しょう症になってしまいます。さらに血管を老化させるため、高血圧や動脈硬化のリスクが高まります。
カルシウムは、たくさん摂取しても一度に吸収できるカルシウム量は限られており、マグネシウムが吸収されにくくなってしまうという弊害もあります。

カルシウムを多く含む食品は

カルシウムは乳製品に多く含まれますが、それ以外にもチンゲンサイ、オクラ、枝豆、キャベツ、ブロッコリー、アーモンド、枝豆、豆腐などです。

マグネシウムとは

マグネシウムは、カルシウムほど知られていないのですが、実は私達人間にとって必要かつ重要なミネラルのうちのひとつです。

マグネシウムの働き

マグネシウムは、大人の体には20~28g程度含まれ、その50~60%が骨に含まれています、そして骨や歯等の発育や形成にとても大切な役割を担っています。残りの40~50%は筋肉や他の組織の中に存在していて、体の中の色々な代謝を助けています。

マグネシウムはカルシウムと密接な関係を持っています。マグネシウムが足りなくなると、骨の中に含まれるマグネシウムとともにカルシウムも溶け出てしまいます、そしてマグネシウムを過剰に摂取したとしても、カルシウムの排出量が増えてしまうのです。さらに、カルシウムを過剰に摂取してもマグネシウムの吸収を阻害してしまうため、どちらもバランスよく摂取することが大切です。特に、飲酒やストレスはマグネシウムの吸収を妨げると言われているので、注意が必要です。「多すぎず、少なすぎず」を念頭に、毎日普通に食事することを心がければ、摂りすぎの心配はありません。理想は『カルシウム2に対してマグネシウム1』という比率で摂取することが望ましいと言われています。

カルシウム・マグネシウムをバランスよく摂取するためにサプリメントの使用も考えられます。



日本国内のサプリメントに比べ価格は高価ですが、実績や経歴に裏付けされた質の高さ、効果の実感などは確かな物です。 医師が患者に処方する「予防医学」としてのサプリメントを製造し医師が使うサプリメントの分野で全米No.1のダグラスラボラトリーシリーズです。


マグネシウムを多く含む食品

マグネシウムは豆類、藻類、種実類、魚介類などに多く含まれます。具体的には、そば、のり、豆、五穀、豆腐、抹茶、わかめ、しいたけ、こんぶ、牡蠣、いも、納豆、とうもろこしなどです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク