海外でのサプリメント(アメリカ)

アメリカでは過半数の人がサプリメントを摂っており、その市場は日本の約10倍もの規模があるといわれています。その背景にあると思われるのが、健康保険制度です。日本では国民の義務とされている健康保険制度ですが、実はアメリカでは健康保険への加入が任意となっています。つまり、保険に入っていない場合、病気になった際の医療費がすべて自己負担になってしまうのです。多額な費用がかかることもあり、病気の予防に関心が高いようです。そのため健康への意識が高くなり、サプリメント需要が増えていったのかもしれません。

アメリカでの品質基準

そんなサプリメント先進国のアメリカでも、一昔前には安全性に問題のあるサプリメントもたくさん出回っていたそうです。これを受けてアメリカでは、FDA(アメリカ食品医薬品局)による、サプリメント業界への監視が始まりました。さらに、cGMPという厳しいサプリメントの品質基準が設けられました。(日本のGMP基準より更に厳しい)今では、その品質基準をクリアしないとサプリメントを販売することはできません。そのためアメリカ製の製品は、品質面でも高い評価を受けています。

日本のGMP基準については下のサイトをご覧ください。

JHFAマークとは? このJHFAマークは、「JHFA」は、「JAPAN HEALTH FOOD AUTHORIZATION」の略...

サプリメントを定義する法律

さらにアメリカには、DSHEA(Dietary Supplement Health and Education Act:ダイエタリーサプリメント健康教育法)という、サプリメントを定義する法律があります。ダイエタリーサプリメントとは次に示す成分を1種類以上含有するものをいいます。それは、ビタミン、ミネラル、ハーブまたはその他の植物、アミノ酸、栄養を補助する通常の食事成分、上記の成分の濃縮物、代謝物、構成成分、抽出物、混合物です。
DSHEAでは、これらを通常の食品と明確に区別するため、ダイエタリーサプリメントの販売を、錠剤、カプセル剤、粉末、液体など、通常の食品の形以外のものに限定許可しています。そして「効果・効能」を製品ラベルに記載することができるようになりました。医薬品のように、飲むのに適したタイミングまで記載されています。「なにに効くのか」がハッキリ書かれているので、サプリメントを選ぶ際にも、自分に合った商品を選びやすくなります。日本では、効果・効能を明示できるのは医薬品だけと定められています。日本の法律上サプリメント=食品として見られるため、たとえ臨床試験などをしっかり行っていても、効果・効能をハッキリ書くことができないのです。

不健康で病気になったら病院に行き、さほど高くない医療費を払う日本。医療費が高い病院に行くのを避けるためサプリメントを日常的に服用するアメリカ。違いはこんなところでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク