特定保健用食品(トクホ)とは

最近、CMやコンビニエンスストア等でよく見かける「トクホ」(特定保健用食品)、今はお茶だけではなくコーラやコーヒーまで販売されています。私もヘルシア緑茶が販売された当初は、こんなに渋くて苦くて高いものが売れるのか不思議でしたが、やはり健康志向の高まりなのでしょうか、その商品数は増えているようです。

特定保健用食品(トクホ)とは

特定保健用食品(トクホ)とは、消費者庁の定義によれば「許可等を受けて、食生活において特定の保健の目的で摂取をする者に対し、その摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をする食品」とされています。

特定保健用食品(トクホ)として販売するためには製品ごとにその有効性や安全性ついて消費者庁が個別に審査します。こうした審査を経て認可された特定保健用食品(トクホ)には、許可マークが付され 特定の保健機能について表示することができます。

特定保健用食品のマーク

現在までに「血糖・血圧・血中のコレステロールなどを正常に保つことを助ける」「おなかの調子を整える」「骨の健康に役立つ」などの保健機能の表示が許可されています。

特定保健用食品(トクホ)の疾病リスク低減表示

特定保健用食品(トクホ)は薬ではないので、疾病名の表示や病態の改善に関する表示はできません。しかし2005年に新設された特定保健用食品(トクホ)の制度では、関与成分の疾病リスク低減効果が医学的・栄養学的に確立されている場合には表示が認められるようになりました。この新たな制度によって「疾病リスク低減表示」が認められた関与成分は「カルシウム」と「葉酸」で、下記のように表示されます。

許可表示:

【カルシウム】
この食品はカルシウムを豊富に含みます。日頃の運動と適切な量のカルシウムを含む健康的な食生活は、若い女性が健全な骨の健康を維持し、歳をとってからの骨粗鬆症になるリスクを低減するかもしれません。

【葉酸】
この食品は葉酸を豊富に含みます。適切な量の葉酸を含む健康的な食事は、女性にとって、二分脊椎などの神経管閉鎖障害を持つ子どもが生まれるリスクを低減するかもしれません。

条件付き特定保健用食品とは

また特定保健用食品の審査で要求される有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品については「条件付き特定保健用食品」として許可され下のようなマークが付されます。

条件付き特定保健用食品のマーク

条件付特定保健用食品は限定的な科学的根拠である旨を次のように表示をすることが条件とされています。

許可表示:
「○○を含んでおり、根拠は必ずしも確立されていませんが、○○〇に適している可能性がある食品です。」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク