秋の味覚「栗」は小粒でも栄養たっぷり

知り合いから栗をたくさん頂戴しました。今年は暑かったからでしょうか、栗の収穫がちょっと早いとのことです。我が家では主に栗ご飯にして食べますが、一気には食べきらないので残った栗は冷凍保存しております。しかーし、“マツコの知らない世界”に出演されておりました“和栗や”の竿代さん曰く、「栗は鮮度が大事、採ったらすぐ加工」だそうです。こんな秋の味覚の小さな栗ですが実は栄養がたっぷりと詰まっているのです。

主な梨の種類

日本で栽培されている「和栗」には、筑波、銀寄、利平、“マツコの知らない世界”でマツコ・デラックスさんも絶賛した丹沢や倉方など、数多くの品種があります。その他に天津甘栗でおなじみの中国栗、マロングラッセなどに使われるヨーロッパ栗があります。

栗の生産量都道府県ランキング

2016年(平成28年)における栗の生産量トップ3です。

  • 1位 茨城県 3,740t(22.7%)
  • 2位 熊本県 2,140t(13.0%)
  • 3位 愛媛県 1,700t(10.3%)

栗に含まれる代表的な栄養成分とその効果

  • ビタミンB1

ビタミンB1(チアミン)についてはこちらの記事をご覧下さい。

重要な栄養素であるビタミンですが。そのビタミンには13種類あって水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンとに分けら...
  • カリウム

カリウムについてはこちらの記事をご覧下さい。

ナトリウムとカリウムの働き ナトリウムは細胞の内側に、カリウムは外側に存在していて細胞内外の体液バランスを整える役割や血液のpH保持を果た...
  • ビタミンC

ビタミンCについてはこちらの記事をご覧下さい。

ビタミンCは、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、一般的には美容のためのビタミンとして知られています。 ビタミンCは体内で合成...
  • タンニン

渋皮にはポリフェノールの一種タンニンが含まれており、抗酸化作用により、老化を防止する効果、免疫力の低下を防ぐことによる風邪予防、がんを予防する効能などが挙げられます。

栗はそのままでおいしい

“マツコの知らない世界”で紹介された伝説の栗加工職人、“小田喜商店”の小田喜さんがおっしゃっておりました。栗はそのままで美味しい。小田喜商店さんの商品はインスタグラムでも紹介されています。

ペーストなどの加工品も全国の菓子店とお取引されているとのことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク