健康食品に付いてるJHFAマーク・GMPマークって何

JHFAマークとは?

このJHFAマークは、「JHFA」は、「JAPAN HEALTH FOOD AUTHORIZATION」の略称のことで「財団法人 日本健康・栄養食品協会」が、健康補助食品等に対して次の3つの項目について、基準を設けその基準を満たした食品にのみ表示を許可しているマークです。

それでは、その項目を見ていきましょう。

1. 含有成分などの製品規格

検査機関において成分の分析が行われます。そして外観・性状、パッケージに記載されている成分の確認、安全・衛生の指標(残留農薬、重金属、一般細菌・大腸菌群など)などといった項目について、細かく審査されます。

2. 製造・加工等の基準

原材料、製造工程、加工施設の設備、作業者の衛生管理等について、細かい基準を設定し、安全衛生面について審査を行います。

3. 適正な表示・広告

パッケージなどに記載されている表示についても医学・栄養学の専門家から構成する「認定健康食品認定審査会」で審査を行い、まぎらわしい表現や不適切な表示がないか、食品衛生法・薬事法、栄養改善法等に適合しているかどうかを厳しくチェックします。

このように基準を満たした健康補助食品だと安心しますね、皆さんも健康補助食品を選ぶときにはチェックしてみましょう。

GMPマークとは?

このGMPマークは、GMPの基準を満たしている工場で製造された商品に付いています。

GMPとは《good manufacturing practice》の略で、医薬品・健康食品の製造管理、品質管理ができるGMP体制が整った工場で製造しているという意味で製品が一定の品質を保って、安全に製造されているかを管理するための製造工程管理基準です。

原材料の搬入・製造工程・出荷までのプロセスをチェックしており、健康食品の場合、厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」にしたがって審査がおこなわれています。審査は、公益財団法人 「日本健康・栄養食品協会」一般社団法人 「日本健康食品規格協会(JIHFS)」の2つの第三者機関が実施しています。

アメリカではGMP(cGMP)を取得していない健康食品は販売してはいけませんが日本ではそこまで厳しくはありません。また、GMPの認証に関して日本では上記の通り現在2つの認証団体が存在していて、一方がアメリカの基準に近く厳しくて、一方が比較的取得しやすいことから、取得しやすい団体に流れている実情もあります。

いずれにせよ厚生労働省の「健康食品GMPガイドライン」にしたがって審査がおこなわれているので、一定の品質は保たれているものと考えられます。こちらも健康補助食品等を選ぶ際の参考になりますね。

アメリカのGMP(cGMP)についてはこちらの記事をご覧下さい。

アメリカでは過半数の人がサプリメントを摂っており、その市場は日本の約10倍もの規模があるといわれています。その背景にあると思われるの...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク